桜餅(関西)

桜餅って関西と関東で違うらしいですね。
関西のやつしか食べたことは無いんですけどね。

そんな関西の桜餅を、先週作ったのでせっかくなのでまとめてみる。

材料

  1. 道明寺粉(なければ もち米+うるち米でもOK)
  2. 食紅(スーパーで売ってます)
  3. 砂糖
  4. こしあん(スーパーで多分売ってます)
  5. 桜の葉の塩漬け(あんまり店頭で見ないので、今回はAmazonで買いました)
    さくらの葉(塩漬け) 10枚×3袋

手順

  1. まずは米を炊きます。
    本来は道明寺粉をレンジでチンとかすればいいんですが、
    今回は用意できなかったので、もち米とうるち米を3:1ぐらいで混ぜて炊きます。
    米の分量の15%ぐらいの砂糖を入れて、食紅は付属の匙いっぱいぐらい。

    お米

    米炊くぞ

  2. これぐらいは赤くなります
    紅米
  3. 炊飯器を仕掛けたら、桜の葉の塩漬け用意します。
    とは言っても、市販品を使うので、水につけて軽く塩抜きするぐらいですけどね。
    葉っぱ
  4. そうこうしてる間に炊きあがりました。木べら・すりこぎ等で米粒を潰しましょう。
    つぶの食感も大事なので、潰しすぎないように注意を。
    米 マッシュ
  5. 餅でこしあん(市販品でOK)を包みます。
    ラップを使うと手も餅も汚れないけど、最初は熱いので注意。
    でっかくなりがちなので、小さく小さくを心がけて!

    丸め1

    広げてー

    丸め2

    包む

    丸め3

    クルッと

  6. 最後は桜の葉を巻いたら完成。
    巻く時は葉の筋を外側にすると見た目が良いようです。

    完成!

    パックに入れると売り物っぽい雰囲気が出るよ!

     

以上。おはぎと似たようなもので簡単でしょ?
餡こと桜の葉の塩漬けさえ、市販品のちゃんとしたものを使えば大きく失敗することはないと思うので、みなさん(誰に向けてるんだろう…?)もぜひチャレンジしてみてください。

広告
カテゴリー: 料理 | タグ: , , | コメントをどうぞ

iOS6のミュージックアプリのシャッフルループがおかしい

iPhone4/4Sの皆さんiOS6にアップデートしましたか?
iOS6のミュージックアプリ、最初は色が変わった程度かなと思っていましたが、ちょっと変な挙動がありますね。

それは、シャッフルループ時に1曲目が化けるという問題。

シャッフルでループした場合に、1曲目が他の曲になってしまいます。
流れ的にはこんな感じ。

最初のループでは1回ずつ再生されたものが。

次のループでは1曲目が2度再生され、曲戻しすると1曲目は再生されなかった曲に変わる。

普通はシャッフルでも送り/戻しで曲は変わりませんので、「化ける」という認識でいいんじゃないかと思います。

多量のプレイリストで聞いている場合は気にならないんですが、
覚え込み目的で数曲のプレイリストやアルバムで聞いてると聞けない曲が出てきてしまって困ってます。

あくまで自分の環境だけの情報なので、自分の所ではそんな事無いって情報や、復旧や同期で治ったなんて情報があれば教えていただければ助かります。

カテゴリー: Uncategorized | タグ: , , , | コメントをどうぞ

TDD Boot Camp 大阪 2.0 参加しました

TDD(テスト駆動開発)が体験できるワークショップ、
TDD Boot Camp大阪2.0に参加して参りました。

TDDBC大阪2.0

興奮冷めやらぬ(?)第一回から早くも一晩。
第一回の定員オーバーにより第二回を開催して頂いて。
主催者様、皆様に感謝です。

会場は楽天株式会社の楽天カフェテリアでした。
京阪本線『渡辺橋駅』隣接の住友中之島ビルで
なんだかオフィスビルといっていいのかわからない、格式高い建物でした。

午前中は和田卓人さん、吉岡弘隆さんの講演でした。
その中で出てきた、「プロとしてのたしなみ」というキーワードにホイホイ釣られて

グリーンバンドも買わせてもらいました。
グリーンバンド
CleanCodeなんかで有名なボブおじさんも、
テストが面倒になったり辛くなった時にこれ見て持ち直すらしい。
あとは歴史歴なソフトウェア開発の話を聞くと、今はマシンスペックに恵まれてるっての感じるね。そこに甘えるんじゃなくて、それを活用して成功に繋げなきゃって思う。

午後はペアを組んでTDD実践。
初めはJavaでやるつもりだったんだけど、
『Groovyで作っても、わからなかったらJavaでも書けるから大丈夫。』
みたいなことを聞いたし、時代がその時動いたってぐらいGroovyの流れがあったのでノリでGroovy勢に参加してみた。ついでにIntelliJも初体験。

課題はIn/Outがよく分からないものだったけど、ペアであーだこーだ言いながら実行。
タイムキーパーさんが10分や15分で区切ってくれて助かった。ペアプロすごい疲れるんすよ。
Groovyはゆる~くなったJavaみたいな感じだけど、無駄な記述を省けたりもするし書きやすいね。そんなに怖くなった。
途中からTAの提案でSpockってテストフレームワークに乗り換え。
データリストの書き方はすっきりして良いね。
課題もそこそこに時間切れ。楽しかった。

お次は関将俊さんの講演。
TDD、TDDっていうけど手段の枠に囚われないように目的を意識してって感じの話。
具体的に足し算や減算の考え方の提案。
Deastroyの足し算の考えは第三者のコード見るときはやるけど
自分のコードに対して 意識的にってのはなかなか難しそうだな。

んで、Q&AしてKPTして、和田さんの話で締めくくり。
まだまだ業務への浸透度は低いけど、ちょっとずつでも取り込めればいいな。
組み込みへのTDD本とか有るらしいし、英語しか無いけどポチろうかしら。

TDDもペアプロもワークショップも楽しいね!
写真もとり忘れたのでネタ切れです。

主催者様、講演者様、サポートスタッフ方々
昨日と連続しての開催お疲れ様でした。ありがとうございました。
そして会場を提供いただいた楽天株式会社様。 ご縁をありがとうございました。
楽天カフェテリア最高です!
カフェテリアなのにプロジェクターとかあって意味わかりません!!

カテゴリー: 勉強会 | タグ: | コメントをどうぞ

リアルろくろ回し旅

先週の土曜日に、ろくろ回しに新宿行って来ました。

Twitterでろくろ回しオフとかつぶやいてたら、
ATNDで企画されたのを誘われちゃったので。
少々懐が痛いですが、キャリア形成のための自己投資というやつですね。

ダァシエリイェス

ダァシエリイェス

DrawSomethingとか読書とかしつつ東京到着。多分5年ぶりぐらい。
雨風強かったのもあって東京寒かった。
あんまり余裕もなかったので、まっすぐ新宿に移動。

COM陶芸教室に到着。
幹事の次に早かったようです。

開始時間を待ってると次第に集まりだし、ガチろくろ体験が開始しました。
参加者は10名でしたが、 皆さんWEB関係者が多かったです。

まずは先生のレクチャー。

大事なことは3つ。

  1. 基本の構えを維持する
  2. ナメクジのようにゆっくり動かす。
  3. 定期的に水を足す。
だったっけ?忘れてしまった。 

そして、例のポーズである。

これが出た瞬間、みんな湧いたw

先生がちょっと。え?え?みたいな表情してたけど、そこはみんなで解説。
ちなみに、陶芸教室には、結婚式の贈り物として夫婦が送り合ったりすることがあったりするらしいです。

こんな感じで陶芸体験開始。

あまり時間をかけ過ぎると、崩れてしまうこともあるらしい。

さて、自分の番が回ってきたので
ここぞとばかりに写真をお願いする。

完全ネタ重視なので、ろくろに全く手を触れる前に撮影しました。はったりです。

肝心のろくろの方は、勝手がよくわかりませんでしたが楽しいです。
切り離しから先生にお願いしてなんとか形に。

自分だけ遠方だったので、焼きあがったら送ってもらうことにしました。
4週間ぐらいかかるんだったかな?

終わったらみんなで2次会。
似た業界の人ばっかということで楽しかったー。
というか、WEB業界の人は活力高くて良いね、憧れる。

自分はいわゆるSIer でWEBに業界人というわけではないですが。
人もろくろも楽しくて、行ってよかったです。
すっかり気に入ってTwitterとFacebookのアイコンも変更しました。

焦点はろくろに。

今回お世話になった陶芸教室・体験 東京・新宿の「COM陶芸教室」
相談次第で貸切もできるそうですし。
この機会にみなさん陶芸体験してみると楽しいと思いますよ。

以上、ろくろ旅でした。
お世話になったみなさん、幹事様、お疲れ様です。
ありがとうございました。

カテゴリー: Uncategorized | タグ: | コメントをどうぞ

連携で取得したbit.lyアカウントのID確認方法

Twitterなんかでよく使われるURL短縮サービス bitly.com
アカウント使うとURL編集やアクセス解析等できるらしいですが、
使おうとしたらはまったので、ちょっとメモ。

アカウント作成するSign Up画面では、TwitterやFacebookアカウントからの連携でいきなりログインすることが可能です。


私もそれでログイン取得していまして、
ブラウザから使う分にはそれで充分なのですが。
ブックマークレットからAPIでこのアカウントを使おうとすると、
ID(Username)がわからないという問題に陥りました。

ブラウザでログインする分にはメールアドレスでもログインできますが、
API使用の場合にはメールアドレスでは駄目な模様。

アカウントのSettings画面をあーだこーだ弄ってると、
パスワードリセットのメールにHi ****(ID名)って形で書かれてました。
(O_で始まるランダムっぽい文字。)

ここに書かれてるIDを使って、APIを使用出来ました。
ついでながらパスワード登録した覚えもなかったので、
パスワードリセットで初めてパスワード登録したのかもしれません。

この記事書きながらググって見つけましたが、
上記方法以外にもブラウザログイン後のLink Archive画面で「ID名‘S  Link Archive」 と表示されますし、
Settings画面のPublic Timelineに表示されるURLにもIDが入ってます。
Password変更より簡単で良いですね。

以上、はまった点でした。

カテゴリー: Uncategorized | タグ: | コメントをどうぞ

生八つ橋を作ってみた

Cooking for Geeksなんていうニッチな料理本読んでたら、
久々にお菓子作りをしたくなってきた。

ちょっと前にはてぶで生八橋のレシピが上がってて、
作りたいと思いつつもスルーしてみたので、この機会に作ってみた。

実施したレシピはこちら
Cpicon レンジで簡単♪ 生八つ橋 by marieshion

大雑把にいうと、上新粉と白玉粉と砂糖と水をレンチンすれば生地になり、
そいつを伸ばしてシナモンときな粉をまぶせばいいらしい。

大体の材料はあったんだが、上新粉だけ切らしてた。
諦めるより試してみる方が良いって ハッカーなら言うだろうということで、
コーンスターチで代用して続行。糊化温度とかの関係で片栗粉のほうが良かったかもしれない。

こんな時iPadは便利ですね。
出来上がりの方はちょっと硬く、甘さ も足りず、伸ばしも足りなかった。
こねてる間に水分飛んでしまったのかも。
誰かに食わすときにはもうちょっと試行してからだな。

そんなこんな、Cooking for Geeksは
レシピ本としてはあまり参考にならないと思いますが。
料理は科学というか、理屈っぽい話がたくさんあって理系には楽しい。
特に温度とタンパク質の話なんかは今日から活かせそうな気さえする。
本書の中にはエンジニアから料理人に転職しちゃった人も何人か出てきますし、
システムエンジニアにおすすめです。
料理もプログラムも作ってなんぼだ。ハローキッチン!

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

絵しりとり子でお絵かき

絵しりとり子が面白い。

今日は早く目がさめたので、いれっぱのアプリを立ち上げてみた。
絵心無いなりに、頑張って描いたよ。

絵しりとり子

しりとりってルールで気軽にお題が出てくるし、

思いつかなかったらすぐにパスもできる。失敗しても取り消せる 。
60秒制限ってのも長すぎず丁度いいね。
ちょっと前に流行ったDrawSomeは自分には敷居が高すぎたけど、これなら楽しめた。

今のところオンラインのみなのかな?
同じアプリにする必要無いと思うけど、オフラインモードみたいなのもあったら欲しいかも。

絵しりとり子 1.1(無料)App
カテゴリ: ゲーム, 単語, ファミリー, ソーシャルネットワーキング
販売元: studio NOMOS – studio NOMOS(サイズ: 12.2 MB)
全てのバージョンの評価: (43件の評価)

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ